入れ歯に抵抗

入れ歯で食べることに抵抗がある、または単純に入れ歯は嫌という方には適用されるのがインプラント治療です。
インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、入れ歯に比べれば費用はかかりますが周囲にもそれと気づかれにくく、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。
見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を譲れない方にふさわしい治療です。
埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。
けれども定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその費用もみておかなければなりません。
普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診を受けるように言われます。
定期検診を受ける費用は保険適用の治療が基本となりたいていは三千円程度に収まります。
標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を見込んでおいてください。
現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。
しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば従来はできないといわれていた症例でも治療可能になっています。
あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして調べ、 相談してください。
入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント。
ですが、便利な反面、留意すべき点もあるのです。
何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているということです。
インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。
いくつか例を挙げると、なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるケースがあり得ます。
そのような場合は別の方法に頼るしかありません。
どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。
ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な方にすすめられる治療なのです。
周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を希望することになるというのが、多くの患者さんの実態です。
インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地は自分の歯に近く食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。
とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのは必須です。
それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もインプラント治療のリスクが増大します。
今は、このような病歴があるからといって絶対治療できないとは言えません。
まずは歯科医に全て話しておきましょう。
簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。
虫歯などで、歯の損傷が激しくても、根のケア次第で上から冠のような形のクラウンをかぶせることが可能です。
その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯もありますが、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。
人工歯としてのインプラントは安定した使用感が得られ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはまた嬉しいですね。
ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れるのではと心配する必要はありません。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強いものでもあります。
もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。
インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗のリスクをゼロにすることはできません。
失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目の問題もあります。
こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はともかく慎重に決めてください。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのはどんな歯科医にかかるかです。
インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の腕次第で大きく違ってくると言うべきです。
インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法なのは明らかで、手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
参考:ホワイトニング用歯磨き