ジャーである2ピースタイプ

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、その部品の接続構造により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。
人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。
そして、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。
よりメジャーである2ピースタイプは、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれます。
この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。
どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは歯科医と、歯科医院の決め方です。
かなり専門性の高い外科的治療を要するので、たくさんの症例を治療してきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。
それにとどまらず、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。
忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れた後、義歯だとわかることはめったにありません。
あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もかなり自然にうつり、他の人に自分から言う必要もないのでいかにも義歯だと思われることはまずないと思って良いでしょう。
前歯など、自然に見せたい歯の場合は最適な治療と言えます。
インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちするということにはなりません。
インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病を引き起こすこともあるのです。
残存している歯と同様に歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。
これからインプラント治療を始めようと決めても、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。
実際のところ、費用の総額は歯科医院や歯科医によって差があると考えるべきです。
保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に設定できるのです。
しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。
インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいがおおよその相場と考えてください。
費用や手間の面から考えても、インプラント治療はインプラント以外の治療はできないという患者さんが受ける治療です。
周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を選ぶしかないというのが、多くの患者さんの実態です。
インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。
一般的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。
第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。
長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。
インプラントはメリットの大きい治療法です。
けれども、それと裏腹のデメリットもあります。
まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。
高額のケースでは、数十万円必要になるケースもまれではありません。
それから、治療が失敗すると、場合によっては健康被害が起きると、かなり深刻化するリスクも背負っています。
ごくまれなことですが、治療が原因で死亡することも過去にはありました。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。
最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の腕次第で差は大きいと断言できます。
この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だということを理解してください。
できる限りよく調べて、歯科医を決めることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。
利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。
その点は、担当医の技量に加え、患者さん自身のコンディションにもよるので、誰にでも当てはまることではなく、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。
鎮痛剤を飲んで、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。
参考:歯から黄ばみを除去したい