入れ歯や差し歯に代わる技術

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。
その手術とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。
入れ歯などの方法と比べると、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。
この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の高レベルの医療技術が必要不可欠と言っても過言ではありません。
患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。
インプラント治療も万能ではなく、基本的にはインプラント以外の治療はできないという患者さんが受ける治療です。
抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。
噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどで必然的にインプラント治療になるというのが、多くの患者さんの実態です。
インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントはより自然な噛み心地を得られるためきちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。
現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため費用面で、治療を躊躇する方もまだまだ多いのです。
そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどと銘打って独自の分割払いを取り入れた歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。
現金で費用を一括払いする必要なく、自分が希望する治療を始めることはできるケースが増えました。
インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗をゼロにすることはできません。
インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものに関わる失敗、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目を損なってしまう問題もあります。
このような危険をできるだけ避けるために、データや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。
歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。
差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が残せれば上から冠のような形のクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。
抜歯した場合の選択は、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。
一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、原則的には一生持つとされていますが、現実的には、施術後のセルフケアと、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。
ろくに歯磨きもしないでいると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。
ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとインプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、その分、人工歯の寿命も左右されてしまうのです。
歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、しばらくの間、極力安静に過ごすのが無難です。
力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらくの間は控えましょう。
傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。
運動を毎日のように行っている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と確認しておきましょう。
これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。
特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでたくさんの症例を治療してきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。
また、それに加えて、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが重要なチェックポイントになります。
インプラントを埋め込んだ後、その歯は永久に虫歯から免れますが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。
インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスは手を抜くことができません。
ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。
放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから至急歯科医にかからなければなりません。
歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればかなり困難なケースでも治療できるところが増えてきました。
現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で十分調べてください。
あわせて読むとおすすめなサイト⇒歯の汚れは歯磨き粉だけでは落とせません