インプラント治療はかなりの技術を要するので、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

治療が失敗すると、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものの問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという審美的な問題が起こることもあります。
このような危険をできるだけ避けるために、データや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。
簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。
虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が残せれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。
根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯もありますが、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むというインプラント治療が候補となります。
例外はありますが、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。
ただし、問題なく医療費控除を受けられます。
確定申告することではじめて、医療費控除の対象になりすでに収めた税金を取り戻す申告をします。
確定申告を行うときには、治療のたびにもらっている領収書が支払いの証拠となるためもらったものはしっかり取っておいて暦年単位で、大事に保管しておきましょう。
手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。
麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが圧倒的に多いです。
しかし、原因が他にあることも考えられるので、異変を感じた場合は歯科医の判断を仰ぐことが治療を成功させるために必要です。
歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
今では、どこで手術を受けても強い痛みを感じることはないと思ってください。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術に取りかかるためです。
手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みを感じることもあります。
痛みに備えて、頓服薬を処方されるので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。
これは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。
旧来の入れ歯と比べた場合、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。
インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の高レベルの医療技術が必要不可欠と言っても過言ではありません。
患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ということであり、その分高額になっているのです。
歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、失った歯だけの治療で済ませたいと、患者が考えている場合です。
ブリッジ治療で義歯を入れるとすればブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯のみに働きかける治療と言えます。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという希望がある方には他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。
どんな完璧なインプラント治療でも、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。
セルフケアを怠ってはなりません。
毎日、しっかりブラッシングすることで完璧なプラークコントロールが必要で、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが必須条件です。
人工物のインプラントでも、ケアが十分でないと歯周炎などの可能性があります。
インプラントについて、簡単に説明すれば虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。
歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。
インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。
インプラントを埋め込んだ後、その歯は永久に虫歯から免れますが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。
インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスを忘れることはできません。
ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。
自然に治ることはありませんので、至急歯科医にかからなければなりません。
参考:茶色くなった歯を歯磨き粉で磨く